Chaikin's Volatility

Chaikin's Volatility2.jpg

チャイキンズボラティリティはMarc Chaikinが考案したテクニカル指標です。現在足の(高値-安値)のn期間EMAを算出し、それをn期間前のEMAと比較し変化率をパーセント表示表したもので、チェイキンズ氏はn期間に10を使う事を勧めています。

基本的な見方は長期と短期を考える場合で異なります。長期では高いボラティリティは天井圏を示し低いボラティリティを底値圏を示すとされ、短期ではチャイキンズボラティリティの上昇は底を示し、穏やかな下落が天井を示すとされます。

単独でなく、他のテクニカル指標と組合わせての利用が勧められています。 Chaikin's Volatility.mq4

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://mt4-indicator.info/cgi-bin/mt-tb.cgi/529

コメントする




« AMASig | ホーム | Camarilla »

このページの先頭へ