Hで始まるの最近のブログ記事

HMA_v07

HMA_v07.jpg

ドル円の1分足チャートです。加重移動平均や、その平方根を利用して計算されるハル移動平均線を表示するMT4インジケーターです。終値ではなく始値を利用したものです。

チャートが小さくて(クリックで大きくなります)見えにくいですが、現在描いているラインが上昇していれば、白色、その他は赤で描かれます。(今は白くなっているところ)HMA_v07.mq4

HMA関連(表示できず)

05は赤と緑の2本のラインが1度だけ表示されましたがその後反応せず。その他は挿入自体できませんでした。解決方ご存知の方、教授下されば有難いです。

HMA_v03.mq4 HMA_v04.mq4 HMA_v05.mq4 HMA_v06.mq4 HMAb.mq4

HMA_Color_v02b

HMA_Color_v02b.jpg

ユーロドルの週足チャートです。

HMA_Color_02bが終値を利用しているところ、こちらは始値を利用して計算されたラインです。HMA(ハル移動平均線)が上昇時にミドリ、下降時に赤で表示されます。HMAは加重移動平均線やその平方根を利用しており、計算式は、HMA(n) = WMA(2×WMA(n/2) - WMA(n)),sqrt(n)) です。HMA_Color_v02b.mq4

HMA_Color_v03

HMA_Color_v03.jpg

ユーロドル週足チャート。

1つ前の記事で紹介したHMA_Color_v03と同じハル移動平均線を描くMT4インジケーターです。1点違うのは「Bars to drow」というパラメーターで、何本分のローソクに移動平均線を描くかの設定が可能です。MT4はテクニカルを多量に追加すると重くなる為、軽くする工夫だと思います。 HMA_Color_v03.mq4

HMA_Color_v02

HMA_Color_v02.jpg

ユーロドルチャートの週足です。

ハル移動平均線を描くMT4インジケーターで、ラインの上昇時は緑色、ラインの下落時は赤色で表示されます。ハル移動平均線・HMA(Hull Moving Average)は、Alan Hullが考案した移動平均線で、加重移動平均(WMA)とその期間の平方根を利用する事で、通常の移動平均線(SMA)に比べ滑らかなラインを描くと共に現在価格の動きに対する遅れを出さない工夫をしています。

このインジは、HMA_Colorとテクニカル内容は同じですが、移動平均線のラインが太いのと色がはっきりしていて見やすいです。また、デフォルト値が20と14という差もありますが、これはパラメーターで設定可能です。 HMA_Color_v02.mq4

このページの先頭へ