Cで始まるの最近のブログ記事

Clock

clock.jpg

現足が終了し次の足に移るまでの残り時間が、何分何秒かを表示するMT4インジケーターです。例では、ユーロドルの1時間足チャートですが、ローソクを作り始めて間が無いところなので、残り54分26秒となっています。1分足~月足まで使えますが、分と秒での表示なので月足だと20000分といった大きな数字になります。 Clock.mq4

 

DFC Next / DFC Next1

DFC Next.jpg

このMT4インジケーターのパラメーターには、Fibo_Channel_Period=3、Ratio=0.786と設定されているので、おおよそどういったインジケーターかは想像できると思います。詳細部分は調べきれなかった為、記載は控えます。

DFC NextとDFC Next1は、見た限りで差が分かりませんでした。掲載したチャートのライン差は、リアルタイムで動かした際に描いたラインと、インジケーター挿入時に表示されるラインとの差です。図はドル円1時間足チャート。5分足~日足チャートで表示できます。

DFC Next.mq4  DFC Next1.mq4

CCM2 CCM3

ccm.jpg

ポンド円1時間足チャートの中段にCCM2下段にCCM3を、デフォルトのパラメーターのまま挿入したものです。CCMの内容を調べていると、「CCIにデジタルフィルターをかけて平準化したもの」と書かれていたりしましたが、詳しくは分かりませんでした。 CCM2.mq4 CCM3.mq4

Chaikin

chhaikin.jpgのサムネール画像

チャイキン・オシレーターを表示するMT4インジケーターです。

チャイキンオシレーターとは、MT4にデフォルトで入っている、Accumulation/Distributionの3期間の指数移動平均(EMA)と10期間の指数移動平均の差をプロットしたテクニカル指標です。(※このインジケーターではEMAではなく単純移動平均(SMA)が採用されています)。

チャイキンオシレーターの代表的な使用方法は、価格とテクニカルの逆行現象での判断です。価格が上値切上げ時にチャイキンオシレーターが下落していれば弱気。逆に価格が下値を切り下げているがチャイキンオシレーターが上昇している時は強気とみます。 Chaikin.mq4

 

camarilladt7v1

camarilladt7v1.jpg

ドル円1時間足チャートにデフォルト設定のままcamarilladt7v1を挿入した画像です。ごちゃごちゃしていますが、パラメーターで不要なものは非表示にできます。

カマリリャピボットH3-5・L3-5、通常ピボットR4-S4がラインと数値で表示され、ピボットミドルM0-5のライン、アラート、時間設定などもできます。このカマリリャピボットシリーズの完成版だと思います。 camarilladt7v1.mq4

このページの先頭へ