リペイントがあるの最近のブログ記事

DinapoliTargets

DinapoliTargets.jpg

このMT4インジケーターは、直近チャートの高値又は安値を認識すると、数本の破線ラインを表示します。使い方としては、白ラインでエントリーし、第一利食いターゲットが緑ライン、2番目の利食いポイントが黄色ライン、最終利食い目標が紫ライン。赤ラインで損切という見方をするようです。売買方法がはっきりしている点では使いやすいですが、チャートの動き次第で(次の高値又は安値のピークを判断した時)、新たなラインのセットが出現するので注意が必要です。チャートはユーロドル日足です。 DinapoliTargets.mq4

DFC Next / DFC Next1

DFC Next.jpg

このMT4インジケーターのパラメーターには、Fibo_Channel_Period=3、Ratio=0.786と設定されているので、おおよそどういったインジケーターかは想像できると思います。詳細部分は調べきれなかった為、記載は控えます。

DFC NextとDFC Next1は、見た限りで差が分かりませんでした。掲載したチャートのライン差は、リアルタイムで動かした際に描いたラインと、インジケーター挿入時に表示されるラインとの差です。図はドル円1時間足チャート。5分足~日足チャートで表示できます。

DFC Next.mq4  DFC Next1.mq4

FATLs.mq4

 FATLs.jpg

FATLs1.jpg

FATLを使ったサインが表示されるMT4インジケーターです。

が、挿入時は上の画像のように上下矢印が両方表示されましたが、動かした状態で見ると下の画像の様に、上向き矢印のみが連続して現れました。矢印の数も、挿入時はポイント部分のみなので雰囲気がずいぶん違います。 FATLs.mq4

5_34_5

FXドル円日足チャートで「5_34_5」のMT4インジケーター挿入時の動画

2本のラインの交差が売買サインのMT4インジケーターです。白が上方のクロスで買い、逆に赤が上方で売りです。書き終わったラインでのパフォーマンスは素晴らしいです。が、リペイントが激しいので実際に売買するのは難しい印象です。5_34_5.mq4

AFStar

AFStar-1.jpg  AFStar-2.jpg

 

売買サインを上下矢印で表示するMT4インジケーターです。

上はポンド円1時間足に入れた画像ですが、左側のようなトレンドの出ている期間はかなり有効に機能するように見えます。右側のような値動きの小さな期間では多くのサインが出ます。

サイン自体は現足作成の途中では出たり消えたりするので、動画で様子を映しました。

AFStarとAFStar1の差は分かりませんでした。両方掲載します。(パラメーター設定は確認しましたが両方同じでした。StartFast 3.0、EndFast 3.5、StartSlow 8.0、EndSlow 9.0、StepPeriod 0.2、StartRisk 1.0、EndRisk 2.8、StepRisk 0.5、AllBars 500)

AFStar.mq4 AFStar1.mq4

このページの先頭へ