矢印・記号・ドットの最近のブログ記事

GimmeeBar

JoeRossさんのGimmeeBar手法のエントリーを表示するMT4インジケーターです。

表示されているラインは、ボリンジャーバンド20偏差2。価格上昇時に上のボリンジャーラインと接触があり、かつ陰線のローソク足(GimmeeBar)が出た地点で小さな赤丸が表示されます。次のローソクでGimmeeBarより-1pipsを付けた場合、売りサインの赤色矢印が表示されます。買いは売りの逆で、青色サインで表示されます。

GimmeeBar.mq4    Gimmee.pdf(資料英語) Gimmee bar setup(サイト英語)

FATLs.mq4

 FATLs.jpg

FATLs1.jpg

FATLを使ったサインが表示されるMT4インジケーターです。

が、挿入時は上の画像のように上下矢印が両方表示されましたが、動かした状態で見ると下の画像の様に、上向き矢印のみが連続して現れました。矢印の数も、挿入時はポイント部分のみなので雰囲気がずいぶん違います。 FATLs.mq4

5min_rsi_qual_02IND

売買サインが表示されるMT4インジケーターです。

チャート上に緑色の点線横ラインが表示された位置でエントリー、赤色点線横ラインが利食い位置となります。ポジションがクローズした時点(利食い又は損切り)で点線横ラインは消えますが、売りの保有期間は赤色点線、買いの保有期間は青色点線として履歴が残ります。

動画は、1回目のエントリーが損切り、2回目が利食いのパターンを記録しました。(損切り位置は事前に表示されないのですが、ある時点で損切りされているので、動画で確認下さい)5min_rsi_qual_02IND.mq4

2CCI_ZeroCross_Alert

2CCI_ZeroCross_Alert.jpg

ドル円5分足チャートに挿入しました。

画像で残せませんでしたが、エントリーと目標値のサインが横線ラインで表示されます。赤の点線が、売りエントリーからクローズのポジション保有期間。青が買いエントリーからクローズの保有期間として履歴が残っています。損切りラインの表示はありませんでした。(目標値を付けず逆に価格が走った場合どうなるかという追跡はしていません)アラートは、エントリーラインが出ない時でもかなり鳴っていたので、アラート画面も残してみました。 2CCI_ZeroCross_Alert.mq4

altMA・AltrTrend・AltrTrend_Signal_v2_2

altMATrendSignal.jpg

シリーズのMT4インジケーターのようなので3つまとめて掲載します。

1つ目はaltMA、画像では赤色の曲線で示されています。

2つ目はAltrTrend、ローソク足部分に赤色と緑色の色付けがされます。拡大しなければ見えないかもしれませんが、色付けされていない部分は、緑色のバーチャートのまま表示されています。

3つ目はAltrTrend_Signal_v2_2、赤と緑の丸印を表示しているのが、このインジケーターです。AltrTrendに対応してサインを出すようで、赤色で色付いたローソク足の次に最初に緑色が出た時に緑丸、逆に緑の後の最初の赤色ローソクが出た時に赤丸が出るようです。

altMA.mq4  AltrTrend.mq4  AltrTrend_Signal_v2_2.mq4

 

このページの先頭へ