ストキャスティクスの最近のブログ記事

DynamicZoneStoch

DynamicZoneStoch.jpg

Dynamic(動的な)という名前が示すとおり、相場の状況に合わせて売られすぎ、買われすぎのレベルが変動するよう工夫を加えたストキャスティクスを表示するMT4インジケーターです。パラメーターで細かい設定も可能です。画像はユーロドルの30分足チャートです。

DynamicZoneStoch.mq4

StocRSI 2

インジケーター名に2と入っているのがよく分からないですが、通常ストキャスティクスRSIは、直近N日間のRSIの最高値・最低値の中で、現在のRSI値が0%-100%のどの地点にあるかを示すテクニカル指標です。

StocRSI 2.mq4

StocRSI 2.jpg

StocasticsOnPriceChartExtreme

ローソク足の表示されるメインチャート部分に、ストキャスティクスと赤と緑の丸印サインが描かれます。丸印サインは描画中に変化する事はないですが、インジケーターを入れた時に見えるサインと実際にリアルタイムに出るサインには違いがあります。

画像はドル円の1分足で上がリアルに描かれたもので、下がインジケーターを入れなおしたものです。緑の丸印サインの数が違っているのが分かります。

StocasticsOnPriceChartExtreme.mq4

StocasticsOnPriceChartExtreme_real2.jpg 

StocasticsOnPriceChartExtreme_2.jpg

StocasticsOnPriceChart1

ストキャスティクスを、ローソク足のあるメインチャート部分に表示させるインジケーターの様です。どの時間足に表示させるかによってかなり雰囲気が違うので、時間軸の違う3つの画像を添付します。3つともポンド円チャートで、上から1時間、15分、1分足チャートです。

StocasticsOnPriceChart1.mq4

StocasticsOnPriceChart1-1h.jpg

StocasticsOnPriceChart1-15m.jpg

StocasticsOnPriceChart1-1m.jpg

StocasticsOnPriceChart

サブウインドウでなく、メインチャート部分にストキャスティクスを表示させるインジケーターと思われますが、上手表示されませんでした。ポンド円1分足画像です。

StocasticsOnPriceChart1というインジケーターを利用した方が良さそうです。

StocasticsOnPriceChart.mq4

StocasticsOnPriceChart.jpg

このページの先頭へ